Slow Photo
CoffretMag コフレマグ

赤ちゃん連れでお出かけを楽しもう!持ち物や場所をご紹介(持ち物編)

赤ちゃんのための荷物の準備や、外出先でのオムツ替えの心配など……。赤ちゃん連れのお出かけ準備は、なかなか大変なもの。
ですが、お出かけはいそがしいママの気分転換になり、外の空気にあたり、沢山の人やものと触れ合う経験は、赤ちゃんの健康と成長にもいい影響を与えます。
持ち物をしっかり準備して、月年齢に合わせて楽しめる場所を選べば、きっと赤ちゃんと一緒のお出かけを楽しむことができますよ。

今回は、2記事に分けて赤ちゃん連れでお出かけする際の持ち物や、注意点をご紹介していきます。

生後1ヶ月以内の赤ちゃんは?

生後間もない赤ちゃんは体温調節が上手にできず、免疫力や体力が少ないなど、病気にかかりやすい状態です。
感染症などの心配があるため、生後1ヶ月以内は特別な理由がない限り、外出は避けたほうがいいでしょう。

初めてのお出かけは1ヶ月検診にするのが安心です。
初めてのお出かけは無理をせず、1ヶ月検診の前か後のどちらかに、少しの時間だけ近所をお散歩する程度がおすすめです。

1ヶ月検診の時期が真夏の場合は朝や夕方などの涼しい時間帯を選び、真冬の場合は温度調節がしやすいように、おくるみやブランケットなどを準備しましょう。
天候や混む時間帯、親子の体調に十分配慮して、無理なお出かけは避けるようにしましょう。
また、ベランダや庭、窓際などで外気浴をするのもおすすめです。

外出が必要になった場合

1ヶ月間というのは短いようで長い期間です。
ママの体調不良など、どうしても外出が必要になる場合もあるかもしれません。
可能であれば、家族や信頼できる友人など赤ちゃんを預かってくれる方にお願いするのが理想ですが、預かってもらうのが難しい場合も多いもの。

もし、やむを得ず赤ちゃんを連れて外出する場合は、赤ちゃんに移動中の振動や揺れ、衝撃を与えないよう注意が必要です。歩きの場合は横抱きできる抱っこ紐、スリングを利用して、ゆっくり歩いて出かけましょう。
また、車で出かける際にはしっかりと抱っこしておくか、新生児用のチャイルドシートを必ず利用しましょう。

必ず持っていきたい持ち物

赤ちゃんとのお出かけには、さまざまな持ち物が必要になります。
お出かけ前に持ち物をしっかりと確認しましょう。

基本的な持ち物

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 乳児医療証
  • おむつ
  • おしり拭き
  • おむつを捨てる袋
  • 口や手を拭くためのガーゼ
  • スタイ
  • 着替え1セット
  • 【母乳の場合】授乳ケープ
  • 【ミルクの場合】哺乳瓶、粉ミルク、お湯

赤ちゃんが生後6ヶ月になり離乳食を始めている場合は、離乳食やおやつ、麦茶などの飲み物も準備しましょう。
また、部屋の冷房が効きすぎている時や赤ちゃんがお昼寝してしまった時、オムツ替えの時などのために、バスタオルやおくるみがあると便利です。

マザーズバッグ

赤ちゃんの荷物は多くて大変ですが、お出かけに必要なものをマザーズバッグにまとめておくと、準備が楽になります。
マザーズバッグには可愛いデザインのものや、普段使いもできる大きめのお洒落なバッグも沢山あるので、お気に入りのバッグを持ち歩けば、より楽しい気分でお出かけできるかもしれませんね。

しっかり準備をして、赤ちゃんに合わせて無理なくお出かけすることで、沢山の思い出ができますよ。
次回は月年齢別のおすすめお出かけスポットをご紹介します!