Slow Photo

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症への取り組み

CoffretMag コフレマグ

お宮参りとは?おすすめのスタジオ写真撮影まとめてみました

赤ちゃんが産まれて一ヶ月。そろそろお宮参りをして写真を撮らないと、と思う人もいるかと思います。最近ではお宮参りと言われて「なにそれ?」と感じる人も少なくありません。実際、私の知り合いにも、「お宮参り」の言葉すら知らない人もいました。徐々にインターネット社会になってきて、なんでもインターネット内で出来る世の中、堅苦しい古き良き文化は廃れつつあるのかもしれません。「お宮参りなんてしてない」というママさんも多いでしょう。
必ずしもしなくてはいけない、なんて法律があるわけでもないのですが、お宮参りは昔からある祝いの文化です。室町時代からあるとされ、神様に挨拶をする行事と言われています。現在では、我が子の幸せを祈る行事とされ、夫の母が祝い服を着た子どもを抱くのが、風習となっています。
ですが、現在のようにお宮参りでは記念写真を撮る、という風習はいつ頃から始まったのかはわかりません。記念日に写真を撮ることは、人間の性ではありますが、大きくなった我が子の成長を写真に収めたいという気持ちが、今のこの文化を生んだのではないかと思います。
そんなお宮参りですが、どうやって写真撮影したらいいのか、どこで撮ればいいのか、お宮参りの写真撮影に関して解説していきたいと思います。

そもそもお宮参りとは?


そもそもお宮参りとは、赤ちゃんが産まれておよそ一ヶ月経ったら、神社に行って参拝する行事です。正確には、男の子は31日目、女の子は33日目に参拝すると言われています。現在では、そんな正確に参拝に来る人はおらず、約30日程度経ったら、有名な神社に参拝する人が多いようです。参拝する目的としては、これから子どもが大きな病などにかからず、元気に健康にすくすく育ちますようにとお祈りすることです。

お宮参りの方法

本来であれば、神事ですので祝詞を神職に読んでもらいます。そのためには電話もしくは神社へ赴き、申し込みを済ませなくてはいけません。基本的には、予約制が多いです。最近では、家族で参拝をして写真を撮って帰る家族も多いようです。自分の都合に合わせて行いましょう。

お宮参りでの服装

お宮参りに行く時、赤ちゃんは白羽二重、ママは洋装で行きましょう。赤ちゃんが着る白羽二重とは、赤ちゃん専用で作られた産着のことです。黒、グレーが一般的です。また、お宮参りはあくでも赤ちゃんがメインですので、お母さんの服装は特にこれといった決まりはなく、雰囲気があっていればどんな服装でも大丈夫です。最近では、赤ちゃんに白羽二重を着せるママは少なく、ベビードレスを着せる人が多いです。白羽二重は高価なものが多く、あまり着ないことから、わざわざそのためだけに買う人は少ないようです。これも特に決まりはないので、ふさわしい服装で行きましょう。
パパは基本的にスーツで大丈夫です。自前のスーツで決めましょう。

お宮参りの服をレンタルする

現在では、祝い着をレンタルすることもできます。高価なものが多く、買ってもあまり着ないこともあってか、購入する人は少ないです。ですが、せっかくの記念日だから着させてあげたい、という人には是非利用していただきたいです。
祝い着の相場は約5万円ですが、レンタルだと2万円以下で済む場合が多いです。安く済ませたい人はレンタルが断然低価格で済みます。そこでレンタル出来るところをいくつかまとめてみました。

京都かしきもの
京都かしきものは、着物レンタル業界の中でもトップを争う着物の種類があります。祝い着も3500円から借りることができ、低価格で利用できます。送料も無料で、クリーニングにも出さなくていいので、余計な費用もかかりません。
料金:3500円〜
URL:https://kashikimono.com/

晴れ着の丸昌
晴れ着の丸昌は、代引き手数料や往復送料が無料で利用できるのが特徴です。また、WEBで予約をすると、レンタル料が20%割引されるので、WEBからの予約がオススメです。着付けをしてもらいたいところの住所を記入すれば、そこへ発送してもらえます。
料金:11000円(8800円)〜
URL:https://www.hareginomarusho.co.jp/

RENCA
RENCAは祝い着はもちろん、スーツなども貸し出しを行っています。また、産着のレンタルは3800円からと、かなり安く利用できます。送料も無料ですが、場所によっては2000円かかる場合があります。
料金:3800円〜
URL:https://renca.jp/

お宮参りには、せっかくだから祝い着を着たいという人もいると思います。健康祈願しに行くのに、くたくたの服装だとなんだか叶うものも叶う気がしません。ですが、祝い着って購入すると高いですよね…。そんな時には、祝い着をレンタルしてみましょう。買うより断然、レンタルの方が低価格でいいものを着ることができます。他にもレンタル業者はありますので、自分が気に入るところを探してみてください。

お宮参りの写真撮影


お宮参りをした後は、写真を撮るのが最近ではメジャーです。レンタルもしくは、自分で用意した祝い着で写真を撮りましょう。祝い着で撮る機会はほかにもありますが、特にこだわりがないという人は、レンタルの方をオススメします。
実際に撮影と言われてもどこでどうしたらいいかわからない、という人もいるかと思います。写真を撮影するだけですので、撮影ができたらどこでも大丈夫なのですが、撮影する方法は大きく分けて二つあります。
まず一つはスタジオ撮影です。もう一つは、身内で集合して記念撮影する方法です。それぞれ解説していきたいと思います

スタジオ撮影

スタジオ撮影はその名の通り、スタジオへ行き、プロのカメラマンに撮影を依頼することです。しっかりキレイにお宮参りの写真を残したい、という人はスタジオ撮影するのをオススメします。また、出張サービスを行っているところもあり、そこで依頼をすれば、どこでも撮影することができます。公園の木陰でおしゃれに撮影もできますし、家族揃って撮影もできます。是非利用してみてください。スタジオに関しては、後で解説します。

身内で撮影

カメラマンを雇って野外撮影、もしくはスタジオに行って撮影をすると、もちろん料金が発生します。基本的には撮影料と商品代のお金がかかります。出張サービスなら出張料金がかかる場合もあります。服のレンタル費、交通費などの出費に加えて、撮影の料金もかかるとなると、相当費用がかかるかもしれません。特に撮影は思い出として残ればなんでもいいという人は、身内の誰かに撮ってもらうことをオススメします。今は、セルフタイマー機能で撮影もできますし、携帯のカメラ機能にも付いていることが多いです。楽しく家族でわいわいしながら、みんなで撮るのもいいですね。

スタジオ撮影できる店舗のオススメ

せっかく写真を撮るならスタジオで、プロのカメラマンにお願いしたいですよね。子どものお宮参りは一生に一度しかありません。その一瞬を残すためにスタジオでお宮参りの写真を撮りましょう。
まずは付近のスタジオを探してみてください。意外と近くにあったりもします。個人で経営しているところや、大手の店舗もあります。大きなショッピングセンターには、比較的高い頻度であります。また、それぞれ違った特徴、メリット、デメリットがありますので、しっかりと把握した上で予約を取りましょう。
スタジオ撮影など、オススメできるところをまとめましたので、是非参考にしてみてください。

happilyフォトスタジオ
happilyフォトスタジオは、東京、神奈川、名古屋に店舗があります。料金システムが少し違い、撮影料など全て込みのセット料金となっています。外観がとてもキレイで清潔感にあふれています。
料金:ベーシックセット24800円(平日だと19800円)
   アルバムセット38800円
URL:https://www.happilyphoto.jp/

スタジオマリオ
スタジオマリオは、有名な写真屋さんで名前は聞いたことがある人も多いです。また、毎月先着20名に無料で撮影してくれるので、月初めがオススメです。是非利用してみてください。
料金:撮影料3000円+商品代
URL:http://www.studio-mario.jp/

fotoma
こちらはスタジオではありませんが、出張サービスをおこなっているサイトです。fotomaは撮影出張サービスをしてくれます。あまり聞きなれないサービスだと思いますが、外出先で撮影してほしい人にはオススメできます。ホームページから、撮影先、撮影日を検索してその条件にあったカメラマンを選びます。料金は一律でオプションなどはありません。
料金:平日19800円(税抜)土日祝23800円(税抜)
URL:https://fotowa.com/

スタジオコフレ
こちらは、大阪、東京にスタジオを展開しており、どちらも駅から近く、とてもいい立地です。おしゃれな雰囲気が特徴のスタジオで、女性好みのデザインが、綺麗な世界観を出しています。完全貸し切りのスタジオで、お宮参りはもちろん、誕生日やマタニティフォトも撮れます。
料金:33500円(平日のみ)
   38500円(スライドムービー付きプラン)
   55000円(フォトブック付きプラン)
   78000円(選べる特典付きプラン)
   100000円(アルバム付きプラン)
   150000円(和装お仕度付きプラン)
URL:https://coffret-p.jp/wp_coffret-test/

スタジオ撮影できるところは探すと、案外近くにあったりします。地域によってもいいところ悪いところがあったりしますので、口コミや雰囲気なども見てみるといいでしょう。
出張サービスを行っているところも多くあり、お宮参りだけでなく、家族写真なども外出先で撮影することができます。思い出の写真を是非残してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お宮参りは、決してしなくてはならない行事ではありませんが、将来の子どもに見せる写真はしっかり撮っておきたいですね。子どもにとっては、記憶には残らない出来事かもしれませんが、だからこそ過去の出来事を残すいい機会だと感じます。また、お宮参りには、健康祈願をこめた意味もありますので、是非行っておきたい行事です。お宮参り以外にも、七五三や誕生日など、写真を撮る機会はまだまだこれからあります。家族で撮る楽しみもあれば、スタジオ撮影でキレイに撮られる嬉しさもあります。未来のお子さんのためにも、これから思い出をたくさん作ってあげてください。