Slow Photo
CoffretMag コフレマグ

写真撮影をフォトスタジオで行う魅力とは?

人生の中で記念日というのはどれ位あるでしょうか?小さい頃のアルバムを開くと、様々なシーンの中に自分や家族がいます。言葉が添えられていたりして、当時の情景が浮かんできます。誕生からお宮参り、七五三、何度か繰り替えされる入学式と卒業式、写真やビデオを観ることで忘れていた記憶が蘇ります。
父親がにわかカメラマンになって撮り溜める写真は、アルバムに張り切れないほど多く、選定しながらアルバム作りを楽しみます。一般的に言えることなのですが、初めての子が女の子でも男の子であっても、写真の枚数というのは非常に多いものです。我が家も長男の小さい頃のアルバムは数冊あるのに、次男の写真はアルバムとして完成しているのは1冊のみで、撮り溜めたまま放置しているものが少なくありません。
これは下にいくほど愛情が薄れるわけではなく、初めての子に対する気合の入れ方が違うということです。新米パパとママの子育てに対しての意気込みなのでしょう。
記念日というのは子供だけでなく、人生の中にはたくさん存在します。人生の節目は限りなくて、年齢、仕事、趣味に至るまで区切りというものがあります。その人生に於けるアニバーサリーをどのような形であれ称えてあげることで、人はまた活力を見出すような気がします。今回は、何故フォトスタジオで写真を撮ることに人気が高まっているのかを探っていきましょう。

写真を撮る意味とは?

人は何故写真を撮るのでしょうか?カメラという機器があるからというのも答えになるでしょう。そして理論づけて考えるようなことでもないかもしれません。けれどもう二度と目にすることが出来ないものやシーンを撮るというのは、とても価値のあることです。また証明するための大切な証拠でもあります。
私の曾祖母が亡くなった時、若い頃のお婆ちゃんはとても綺麗で女優さんみたいだったという話になりました。けれど誰も写真など見たことがなくて、全く想像がつきませんでした。後に遺品整理をしている時、タンスの底から曾祖母の写真が何枚か出てきました。噂通り写真の中のお婆ちゃんは、往年の宝塚女優そのものでした。
色あせた写真から曾祖母の青春時代を垣間見たような気がして、何か不思議で温かい気持ちになりました。写真がなければ曾祖母に思いを馳せることもそんなになかったでしょう。そう考えると、写真というのは人生の中で必要不可欠なもののように思えます。
最近は遺影の写真を早くから準備している人が多いのだとか。それはたとえ亡くなっても、お気に入りの写真を使って欲しいという願望があるからでしょう。
遺族にとっても選択に悩まなくていいのですから、触れたくない部分であっても有難い
のではないでしょうか?何気なしに撮った写真が、後に大きな意味を持つことになるかもしれませんね。

写真撮影をフォトスタジオで行う理由とは?


記念日を自宅や会場を借りて行うことが多くなっていますが、記念写真はフォトスタジオでというケースが増えています。その背景には一体何があるのでしょうか?

記念日をゆっくり過ごせる

写真担当のパパや祖父などは常に写真撮影することに集中し、ゆっくり食事をとることもできないでしょう。又責任感から少しでも良いショットを撮る努力をしたり、上手く撮れたかどうかがとても気になるものです。そうなるとせっかくの記念日なのに楽しむことが出来なくなります。又家族全員の写真を撮るのも難しいですね。
フォトスタジオを予約しておけば、写真に気を取られることはなくなります。撮りたいシーンがあればスマホでも充分ですし、失敗など気にすることはありません。気持ちの余裕と時間のゆとりがあることで、記念日がより盛り上がります。

何と言っても美しい仕上がり

プロによる写真撮影は、素人では決して成し得ないことがあります。子供がメインの写真では、プロは子供の良さを引き出す力を持っています。それに付き添いの家族にも配慮されていて、女性には嬉しいメイクや場合によってはレンタル衣装を利用することもできます。自然な修正なども施して貰えるので、写真は苦手という人にも好評です。
写真は形に残るものですから、特に女性は幾つになっても、より若くより美しくというのが願いであって希望です。何枚も撮影して貰えるので、その中のベストショットをアルバムや台紙にしてくれます。フレームにしておくと、部屋に飾って常に眺めることができます。これは納得できる仕上がりであるからできることであって、誰もが目を止める写真でなくてはなりません。これはプロとして培ってきたもので、にわかカメラマンには決して真似することができません。
中にはロケーション撮影にも応じて貰える所があり、思い出の場所などで撮るということもできます。レンタル衣装だけでなくシチュエーションに合わせた小物も準備して貰えるのもスタジオを利用するメリットです。

フォトスタジオを利用する注意点

フォトスタジオの利用は良いことづくめのように思いますが、金銭面の負担が大きいのは確かです。お祝いする為に、衣装や食事、部屋の飾りつけなど、又自宅で行わない場合は、会場の利用料、お料理なども含めるとかなりの出費が考えられます。
それにフォトスタジオでの写真撮影となると、高額になることに間違いありません。
フォトスタジオの費用は様々で、スタジオによっても変わりますし、お祝い事の種類によっても違ってきます。レンタル衣装を利用する場合は、それも費用に含めなくてはいけません。少しでもリーズナブルに抑えることを考えなければいけないでしょう。
只今の時代は、子供のお祝い事には祖父母からの援助が大きく、ご祝儀だけで賄えるというケースも少なくないようです。これが今問題になっている「孫疲れ」という要因でもあって、まだまだ元気なお爺ちゃん、お婆ちゃんが孫に費やす時間とお金が問題視されています。今の時代の祖父母というのは、現役で働いている人も多く見た目も若々しいです。どちらかと言うと、若者よりバイタリティーがあるかもしれません。
しかし祖父母側の意見として、「もういい加減にしてほしい」という本音も見えてきます。それでも可愛い孫の為なら、少々出費が嵩んでも仕方がないと思ってしまうのでしょう。フォトスタジオを利用する要因の一つでもあると言えますね。
それから利用する際には、事前にしっかり費用の面などを話あっておかなければいけないでしょう。いざ本番になって、ついていると思っていたサービスがオプションで、追加料金が発生することがあります。そうなると信頼関係が崩れてしまって先に進むことが出来なくなります。少々面倒でもフォトスタジオを決める時には、しっかりリサーチして内容を把握しましょう。

写真撮影をするフォトスタジオを見つけるには?

周りに経験者がいて、紹介して貰えるフォトスタジオがあればそれも良いでしょう。
利用した時のメリットとデメリットも知ることができます。そして歴史ある写真館と言われている所は、長年愛されてきた実績があり技術や接客に優れています。
ネット検索をする場合、ワードを打ち込むことで適したスタジオが出てきます。費用も出ていますから、比較することも可能です。幾つかピックアップして情報をもっと知りたい時には、各スタジオのホームページを閲覧することです。
どうしても分からないことがあれば、直接電話で問い合わせることが一番です。ネットには載せていない情報を教えて貰えることもあります。

フォトスタジオと撮影スタジオの違い

撮影スタジオ

動画や写真を撮影する為の施設で、貸し切りスペースのような感じです。貸し切りであっても、シェアタイプというのがあり、他の利用者と共同で利用することもあります。
貸し切りタイプの場合は、写真撮影だけでなくパーティー会場としても使えます。
写真撮影はプロが行うのではなく利用者となり、プロに撮影して欲しい場合は、別に雇わなければなりません。つまり場所を提供して貰って撮影は自分達で行うというスタイルです。これは記念日によって利用するのも良いですが、写真のクオリティーを求めるなら余計に費用が嵩みます。

フォトスタジオ

昔で言う写真館で、今ではメジャーになっていて、お宮参りや七五三、成人式などの式典には利用する人が少なくありません。プロに美しく撮って貰いたいという願望を持っている人には適しています。それに衣装の心配をする必要もなく、レンタルは充実しています。豊富な衣装の中から好みの物を選び、プロが撮影を行ってくれます。
ペットと撮りたいという人も増えていることから、ペットの衣装まで取り揃えているところがあります。時代と言えば時代ですが、今の時代ペットは家族の一員ですからね。
各行事の時期が近づくと、予約入れておかなければなりません。成人式や卒業式の着物のレンタルは1年前ぐらいから予約をしておかないと、好みの色柄のものがレンタル済みになってしまうようです。衣装のレンタルとフォトスタジオを早い段階から抑えておかなければいけないということです。ヘアメイクまで施してくれるフォトスタジオもありますから、手ぶらで写真撮影をして貰えるというのは利用する価値はありますね。
キャンペーンを行うフォトスタジオもあって、金額がリーズナブルになったり、色々お得な特典が付いていることもあります。
このフォトスタジオを利用するというのもブームなのかもしれませんが、一時的なブームで終わることなく続いているのは、やはりアニバーサリーを大事に思い、記念写真を美しく残したいという表れなのでしょう。

まとめ

簡単にその時々を写真に残せる時代であっても、スタジオで撮るというのには、様々な思い入れがあります。子供の成長を節目ごとに残す為にフォトスタジオを利用する人がいます。それは子供の為だけではなく、自分の人生を写すことでもあるのでしょう。自分が築いてきた証であって、それをより美しい形で残したい思いがフォトスタジオを利用するのだと感じます。