Slow Photo
CoffretMag コフレマグ

七五三はいつ?どこで?こどもの写真撮影をしよう

子どもが大きくなると、親は誰でも成長を感じますよね。子どもが大きくなると、七五三の時期に近づいてきます。若い人で七五三が初めての人は、何をしたらいいかわからない人もいるかと思います。古い文化は少しずつ廃れてきてしまっていますが、七五三にもちゃんとした意味があります。廃れることは仕方のないことかもしれませんが、なくしてはならない行事です。
子どもの成長を見て喜ばない親はいません。その喜びを写真におさめたいと思う親がほとんどだと思います。その一瞬を、これまで撮ってきたアルバムなどに保存しましょう。これからもいっぱい写真を撮っていくと思います。七五三は三回ありますので、それらを全部撮るつもりで子どもの成長を見守りましょう。
ここでは、七五三についてや、七五三の写真撮影できるスタジオをまとめ、解説していきたいと思います。是非、これからの子どもの七五三の参考にしてください。

七五三とは?


七五三を知っている人も知らない人も、七五三の意味を知っている人は少ないと思います。知ったから何かあるわけでもありませんが、子どもに聞かれても答えられるくらいの知識はあってもいいと思います。是非七五三の意味を知っておきましょう。

七五三の意味、由来

七五三は今では、近くの神社に子どもを連れてお参りへ行き、健康祈願や場合によっては、祝詞を読んでもらう人もいるかもしれません。そのあと、食事会を開いたり、親戚と集まったり人それぞれです。
七五三は、子どもの性別によって祝う年齢が異なります。七五三はその名の通り、7歳、5歳、3歳で祝うのですが、3歳では男女共に神社へお参りに行きます。5歳になると、男の子だけお参りに行きます。女の子は行きません。7歳になると、今度は逆に女の子だけお参りに行き、男の子は行きません。なので、男の子は5歳で七五三が終わります。
なぜ分かれているのかというと、平安時代に行っていた髪置きの儀式というものがあり、男の子は袴を着始める儀式で、女の子は大人の人と同じ帯を締める儀式のことです。それらの儀式が、男の子なら5歳、女の子なら7歳に行っていたことから、今でもそのように分かれていると言われています。
では、なぜそのような儀式を昔の人は行っていたのかというと、昔は今のように、医療技術も発達していません。なので、小さい頃に亡くなることが多く、当時は子どもの生存率が低いのが悩みだったそうです。原因は病気がほとんどで、赤ちゃんの頃は免疫も低く、病気にかかりやすいので、免疫がつく7歳まで健康を願うために儀式を行っていました。
なので、七五三は7歳まで健康にいれますようにという意味で、昔から行われています。今では健康なのが当たり前かもしれないですが、昔の子どもは病気になって亡くなることが当たり前の世界でした。現状に感謝して、これからも健康でいられますようにと願いを込めて祈祷しましょう。

いつどこで七五三をしたらいい?

基本的には近くの神社まで行ってお参りをします。最近では近くの神社ではなく、遠い所にある有名神社までお参りをしに行く人が増えています。ですがあまり遠出をすると子どもが疲れてしまい、お参りどころではなくなってしまうかもしれませんので、あまり遠すぎない所へ行きましょう。お参りすることに意味があるので、子どもの体調に気をつけて過ごしてください。
また、七五三は毎年11月15日と決められています。なので、もしその日が土日祝だとしたら、有名な神社はおそらく混んでいるでしょう。特に法律で決まっているわけではないので、その前後に行くこともできます。都合のいい日に行くのがいいでしょう。七五三は写真を撮る人が多いので、なかなか人が引かないこともあります。混み具合には注意したいですね。

七五三の写真撮影


神社でお参りをしたら、写真を撮りましょう。七五三は二回ありますが、どちらも写真撮影することで、子どもの成長が見られます。是非祝い着を着た状態で撮ってあげてください。
撮影には三つの方法があります。一つはスタジオまで行き、スタジオ撮影してもらう方法、もう一つは、身内で撮ってもらう方法、もう一つは、撮影出張サービスを利用する方法です。撮影方法に関してそれぞれ解説していきたいと思います

スタジオ撮影

スタジオ撮影はその名の通り、スタジオへ行き、プロのカメラマンに撮影を依頼することです。しっかりキレイに七五三の写真を残したい、という人はスタジオ撮影するのをオススメします。スタジオ撮影は照明を当てて、プロのカメラマンにポーズなどを指示されて撮影しますので、初めての人は緊張するかもしれませんが、雰囲気よく撮影してくれるカメラマンがほとんどですので、気を張らずに気楽に行きましょう。

身内で撮影

スタジオに行って撮影をすると、もちろん料金が発生します。基本的には撮影料と商品代のお金がかかります。特に撮影は思い出として残ればなんでもいいという人は、身内の誰かに撮ってもらうことをオススメします。今は、セルフタイマー機能で撮影もできますし、携帯のカメラ機能にも付いていることが多いです。楽しく家族でわいわいしながら、みんなで撮るのもいいですね。

撮影出張サービス

出張サービスとは、カメラマンを出先に派遣し、そこで撮影をすることです。七五三など、外に行く時は便利です。スタジオ撮影しているところから派遣されることもありますが、撮影出張サービスを主に生業としているサイトがあります。あまり聞きなれないかもしれませんが、入学入園、お宮参りなどで利用する人が多いです。外で行う子どものイベントに呼ばれることが、ほとんどのようですね。基本どこへでも派遣できるのが強みですが、出張サービスはどうしても天気に左右されるので、天気には注意して利用しましょう。

スタジオ撮影できるスタジオのオススメ

千歳飴
せっかく写真を撮るならスタジオで、プロのカメラマンにお願いしたいですよね。子どもの成長を残すためにも、スタジオで七五三の写真を撮りましょう。
まずは付近のスタジオを探してみてください。個人で経営しているところや、大手の店舗もあります。大きなショッピングモールには、比較的高い頻度でスタジオがあります。また、それぞれ違った特徴、メリット、デメリットがありますので、しっかりと把握した上で予約を取りましょう。
スタジオ撮影など、オススメできるところをまとめましたので、是非参考にしてみてください。

happilyフォトスタジオ

happilyフォトスタジオは、東京、神奈川、名古屋に店舗があります。料金システムが少し違い、撮影料など全て込みのセット料金となっています。外観がとてもキレイで清潔感にあふれています。シックなセットからシンプルなセットまで幅広くスタジオを用意していますので、気軽に予約してみてください。

料金:ベーシックセット24800円(平日だと19800円)
   アルバムセット38800円
撮影メニュー:誕生日、入園入学、七五三など
URL:https://www.happilyphoto.jp/

スタジオマリオ

スタジオマリオは、有名な写真屋さんで名前は聞いたことがある人も多いでしょう。また、毎月先着20名に無料で撮影してくれるので、月初めがオススメです。是非利用してみてください。また、ここは撮影料が比較的安く利用できるのが魅力です。

料金:撮影料3000円+商品代
撮影メニュー:誕生日、入園入学、七五三など
URL:http://www.studio-mario.jp/

fotoma

こちらは、撮影出張サービスをおこなっているサイトです。外出先で撮影してほしい人にはオススメできます。七五三はもちろん、結婚式や公園での撮影でもOKです。ホームページから、撮影先、撮影日を検索してその条件にあったカメラマンを選びます。料金は一律でオプションなどはありません。スタジオでは衣装の貸し出しを行っているのですが、ここでは衣装の貸し出しは行っていません。なので、自分で服をしっかり選ぶ必要があります。

料金:平日19800円(税抜)土日祝23800円(税抜)
撮影メニュー:入園入学、七五三、お宮参りなど
URL:https://fotowa.com/

スタジオコフレ

こちらは、大阪、東京にスタジオを展開しており、どちらも駅から近く、とてもいい立地です。おしゃれな雰囲気が特徴のスタジオで、女性好みのデザインが、綺麗な世界観を出しています。完全貸し切りのスタジオで、お宮参りはもちろん、誕生日やマタニティフォトも撮れます。

料金:33500円(平日のみ)
   38500円(スライドムービー付きプラン)
   55000円(フォトブック付きプラン)
   78000円(選べる特典付きプラン)
   100000円(アルバム付きプラン)
   150000円(和装お仕度付きプラン)
撮影メニュー:入園入学、七五三、お宮参りなど
URL:https://coffret-p.jp/

スタジオ撮影できるところは、探すと案外近くにあったりします。地域によって、いいところ悪いところがあったりしますので、口コミや雰囲気なども見てみるといいでしょう。特にスタジオマリオやスタジオアリスは店舗数が多いので近くにあるかもしれませんね。スタジオのいいところは、衣装や小物を貸し出ししているところです。出張サービスでは、小物や衣装を持っていけないので、今着ている服で撮影する必要があります。ですが、出張サービスは基本的にどこへでも来てくれるので、外出していてもプロのカメラマンに撮ってもらえるのが最大の強みです。それぞれ特徴がありますので、把握した上で状況に応じて利用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?七五三はほとんどの人が知っている行事ですが、その意味は、子どもの健康祈願や7歳まで健康にいられた感謝の気持ちを、お祈りしに行く行事です。性別によってお参りする年齢が違うことにも注意しましょう。
七五三は写真を撮るのが目的ではありませんが、お参りをしたら写真を撮りましょう。神社の前でもいいですし、鳥居の前でもかまいません。子どもの体調を気にしながら楽しく撮影をしましょう。
七五三の姿を綺麗に撮りたい人は、スタジオ撮影を利用しましょう。カメラマンは子どもの扱いに慣れている人が多いので、安心できます。または、主張サービスを利用して外で撮るのもいいですね。
七五三は二回しかありませんから、その一回一回を大事にしましょう。写真撮影も無理なく、楽しい七五三にしてください。