コフレマグ

<七五三>由緒ある伝統行事、七五三の基礎知識をおさらい!
スタジオコフレ ホーム > コフレマグ > > <七五三>由緒ある伝統行事、七五三の基礎知識をおさらい!

<七五三>由緒ある伝統行事、七五三の基礎知識をおさらい!

秋の一大イベントといえば、七五三。
女の子は3歳と7歳、男の子は5歳に
神社へのお参りやスタジオ撮影を行います。
でも七五三の由来やしきたりなどは
知っているようで意外と知らないもの。
今回は、初めて七五三を迎えるパパママに役立つ
七五三の基礎知識をQ&A方式でお届けします。

神社にお参りするのはなぜ? いつ行けばいい?

七五三で神社へ詣でるのは、
子どもがこれまで無事に成長できたことに感謝し
これからの健やかな成長を願ってご祈祷するため。
ご祈祷は、神社によっては事前予約が必要な場合もあります。
11月いっぱいが七五三の時期だと一般的にはとらえられていますが、
最近では9月から12月ごろまでの間でお参りに行く人が増えているそう。

ちなみに年齢は、昔は数え年でしたが
満年齢で行うケースが多くなっています。

七五三の衣装には、何を着ればいいの?

年齢ごとにお祝いの意味が違うので、
着る衣装もそれぞれ異なります。

3歳は「髪置き」。被布(ひふ)という
子どもや女性用の衣服を着ます。
丸い小襟と房のついた飾り紐がポイント。
帯はしめないため、被布で腰紐を隠しています。
愛らしい草履や、
着物とコーディネートした巾着、髪飾りを
つけると可愛らしく仕上がります。

5歳は「袴着」。
成人男性の正装と同じように袴をはくので、
ぐっと大人っぽい印象に。
扇子を持ったり、袴に小さな刀を差したりして
たくましくかっこいい雰囲気に仕上げます。

7歳は「帯解き」。
3歳ではしめなかった帯を
初めてしめるお祝いです。
振袖に本格的な帯をしめ、
はこせこと呼ばれる紙入れを胸元に飾ります。
振袖は、華やかで縁起のよい
花や鶴、蝶などが描かれたものが人気。
近頃は現代風のモダンな柄も多数出てきています。

七五三撮影で知っておくといいことは?

最近では神社でのご祈祷とスタジオ撮影
どちらも行うパターンが一般的です。
スタジオ撮影は、普段の活発な姿とはまた一味違う、
キリリと成長した姿を写真に残すいい機会。
ぜひ、着物姿できちんとした写真撮影をしてみてください。
スタジオコフレでも、伝統的な着物スタイルでのおすまし撮影が
七五三の一番人気。

スタジオセットは鮮やかな着物が映える
落ち着いたカラーが中心なので、
和にほんの少しだけスタイリッシュな雰囲気をプラスした
きちんとスタイルが高く支持されています。
子どもだけでなく、パパママみんなで着物撮影をすると
家族のいい記念になりますよ。

スタジオコフレは、
洋装でのカジュアルな撮影ももちろん得意分野。

女の子は華やかなワンピース、
男の子はキリッとしたスーツが人気です。
おすまし着物スタイルと洋装カジュアルスタイル、
どちらもぜひ撮影してみてください。

スタジオ撮影は、着付けからお帰りまでの時間を含めると
2時間〜2時間半程度かかります。
子どもにとっては少し長い時間。
1日で神社へのお参りと撮影をすませようとすると
過密スケジュールで子どもが疲れてしまうことも。
それぞれ別の日に行うと
よりいい表情の写真が撮れるかもしれません。

お参りは11月、写真撮影は12月と
撮影のピーク期間を少しずらすことで
予約が取りやすくなるというメリットもあります。
スタジオコフレは七五三シーズン以外の
どのタイミングでも七五三撮影が可能です。
無理のないスケジュールで神社とスタジオ撮影の
日程を組んでみてくださいね。

スタジオコフレへのお問い合わせ、ご予約も
お待ちしております。

【南青山スタジオ】ご予約はこちら

【梅田スタジオ】ご予約はこちら

――――――――――――――――――

♦︎公式HPトップ♦︎
♦︎公式Instagram♦︎

Share On

CONCEPT スタジオ紹介

南青山と梅田 2つのおしゃれなスタジオ

Instagram その特別な瞬間を切り取る