Slow Photo
CoffretMag コフレマグ

【子連れ旅】沖縄は家族旅行の人気No.1! 海遊びなら離島がおすすめ

子連れ国内旅行で最も人気があるのは、
シーズン通して気候が温暖な沖縄。

暖かい場所は比較的過ごしやすく、
着替えが少なくてすみ
体調も崩しにくいため
小さい子ども連れには特におすすめです。

ただ、沖縄といっても
エリアごとに特徴が異なり
離島を含めると
どこに行くべきか迷うのも事実。

そこで、子連れ旅のエキスパートでもある編集長が
目的別に子連れ沖縄旅行のおすすめエリアを
ご紹介します!

ビーチを楽しむなら、離島が断然おすすめ

沖縄といえば、ビーチ!
白い砂浜で海遊びさせたいところですが、
ビーチで過ごすのんびりリゾート旅をしたいなら
本島より離島を目的地にすることをおすすめします。

ビーチまでの距離が圧倒的に近い!

宮古島のホテル、アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ前のビーチ。海遊びやビーチウォークにいつでも行けて、すぐ客室に戻れます

宮古島や石垣島などの離島は、
本島よりコンパクトなため
ホテルの目の前がビーチ、という確率もかなり高め。

街歩きや観光より
とにかくビーチで過ごしたい
子どもを海で遊ばせたい
というファミリーにはうってつけです。

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジからすぐの海浜公園、イムギャーマリンガーデン。写真映えするブランコなどもあります

特に小さい赤ちゃんや子どもがいると、
あちこち観光して回るのは
子どもに負担が大きくパパママも大変。
あまり出歩かず、ホテル前のビーチと
周辺アクティビティだけで
のんびり滞在すれば
家族水入らず、ゆったりとした時間を過ごすことができますよ。

直行便があるから、実はアクセスも良好

石垣島までは、東京から約3時間〜3時間半。LCCも運航しています

子連れで離島へ行くのは大変じゃない?
と思う方もいるかもしれません。
ところが、石垣島や宮古島といったメジャーな離島なら
東京や関西から直行便が毎日運行しています。
いったん搭乗してしまえば
那覇空港行きプラス1時間程度なら許容範囲。

島がコンパクトなため、
むしろ空港からホテルまでの距離は
本島より短くなる場合も!
子連れ旅行で負担を大きく感じるのは、
自宅からホテルまでの移動時間。
直行便があって、
空港からの移動も短いのは
大きなメリットになりそうです。

有名リゾートホテルなら、
空港から専用の送迎バス(有料・無料はホテルによる)を
利用できることも多いため
レンタカーがなくても移動には困りません。

移動が短ければ、それだけ滞在できる時間もたっぷり。シュノーケリングなどのアクティビティもゆっくり楽しめます。

海遊びがメインなら
断然、離島をおすすめします!

次回は、
「弾丸であまり時間がない」
「ビーチ以外の沖縄も楽しみたい」
というファミリー向けの沖縄エリアを
ご紹介します!