コフレマグ

着物じゃなくてもOK?お宮参りでの母親の服装をチェック
スタジオコフレ ホーム > コフレマグ > 行事 > 着物じゃなくてもOK?お宮参りでの母親の服装をチェック

着物じゃなくてもOK?お宮参りでの母親の服装をチェック

赤ちゃんが生まれてから、一番初めにやってくるお祝いごと、お宮参り。
お宮参りは、その土地の守り神である氏神様に、
赤ちゃんが無事に生まれた報告と健やかな成長を願う日本の伝統的なお祝いです。
男の子は生後31日目、女の子は32日目頃に神社に参拝します。

産後1ヶ月、外出を控えていたママにとっても久しぶりのお出かけです。
赤ちゃんにとっては初めての外出になることも!

でも、服装はどんなものを用意すればいい?と悩むママも多いかもしれません。
今回はママの服装の選び方について、ポイントを詳しくご紹介します。

ベビーの衣装に合わせるのが一般的

まずは主役である赤ちゃんの衣装をチェック。

通常は、羽二重に祝い着をかける和装か、
ベビードレスなどの洋装のどちらかです。

ママも、赤ちゃんに合わせた服装が理想的。
和装の場合は、ピンクや黄色など淡い色合いの訪問着、色無地、付け下げを選びます。
洋装の場合は、シックなスーツやフォーマルなワンピースが一般的です。

お宮参りで記念撮影を検討しているなら、
フォトスタジオで衣装をレンタルできる場合も。
特別な日だから家族みんなで和装の記念撮影をしたい、という
ご家族も増えてきています。
フォトスタジオでの衣装レンタルは手間がかからず
着付けまでしてもらえるのでとてもおすすめ。

当日は赤ちゃんのお世話であたふたすることも多いので、
慌てなくてもすむよう早めに計画・準備してください。

<こんな服装はNG>

お宮参りは日本の伝統的な祝い事。
赤ちゃんにも祝い着を着せることから、
カジュアルすぎる服装は好ましくありません。
デニムや露出が多い服、着古した印象に見えるもの避けましょう。

高すぎるヒールパンプスは疲れやすく、赤ちゃんの抱っこで転倒しないか心配。
スニーカーもカジュアルすぎるのでNGです。

 

和装でなくてもフォーマル感が出ていればOK

お宮参りのママの服装は和装でも洋装でも大丈夫
お宮参りには着物がふさわしい、と
考えているママは多いかもしれません。

でも、慣れない着物姿で
生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をするのは大変。
特に母乳育児なら、いったん着付けてしまうと
授乳をするのが難しくなります。
授乳しやすさを優先するなら洋装を選んで。

無理して和装にしなくても、
スーツやフォーマルなワンピースなら問題ありません。

和装にするなら、ほ乳瓶で飲ませる準備を忘れずに

ママが着物を着ている間は授乳できないため、
ミルクか搾乳した母乳をほ乳瓶で飲ませることになります。
完全母乳の場合は、突然ほ乳瓶にチェンジすると
赤ちゃんが乳首を受け付けないことも。
事前に練習をしておくことをおすすめします。

また、搾乳した母乳は衛生管理が難しいため
外出先ではミルクにするほうが安心です。

 

天候やママの体調によっては洋装を選んでも

お宮参りに行く時期は生まれた時期によってさまざま。
和装にしたくても、夏の暑い日や雨の日に着物を着るのは大変です。
季節や天候に合わせることも大切。

お宮参りの時期は産後1ヶ月頃ということもあり、
出産という大仕事を終えたママの体は疲れやすくなっています。
せっかくのお祝い事なので、
赤ちゃんはもちろん、ママの負担にならないような
服装選びを心がけてください。

 

パパや祖父母の服装もテイストを合わせて

パパの服装も、赤ちゃんとママに合わせて
スーツやフォーマルなどできちんと整えましょう。
祖父母が一緒の場合も同じ。
みんなでテイストや色味を合わせて、統一感が出るように
心がけると、記念写真もより素敵になります。

お宮参りは、大切な赤ちゃんの
初めてのお祝い事。
家族みんなでおしゃれして、
素敵な思い出と写真を残せるといいですね。

Share On

CAMPAIGN キャンペーン情報

毎月開催!お得なキャンペーン情報

CONCEPT スタジオ紹介

南青山と梅田 2つのおしゃれなスタジオ

Instagram その特別な瞬間を切り取る