Slow Photo
CoffretMag コフレマグ

スマホでも大丈夫!赤ちゃんの可愛さ際立つ写真の撮り方

コロコロ変わる表情に、ぷにぷにした肌。可愛らしい特徴を持つ赤ちゃんの姿を、お洒落に撮影してSNSにアップするママやパパは多いですよね。

綺麗な写真は撮りたいけど、デジタルカメラで撮ったあとスマホに転送するのが面倒。一眼レフカメラといった高性能なものを持ってないから綺麗に撮れない、と思っている方はいませんか?
実は、ちょっとした工夫でスマホでも十分綺麗な写真が撮ることができます。
今回は、難しい技術や知識がなくても、スマホで綺麗に撮れる方法やコツを紹介します。

撮影前の準備と設定

まず撮影前に、スマホのカメラ設定について説明しましょう。スマホのカメラには、明るさやピントの調節などができる機能があります。適切な設定で撮影すれば、綺麗に撮影することができます。
ここでは、撮影に入る前の基本的な設定や準備を紹介します。

レンズは綺麗にしておく

設定の前に、基本的な準備をしましょう。一番見落としがちなのがレンズの汚れです。
日常的に触れる回数も、持ち運ぶことも多いスマホのレンズは、指紋やホコリなどで汚れることが多く写真の仕上がりに影響してしまいます。携帯クリーナーや綺麗な布を使い、撮影前に必ず汚れを拭き取るようにしましょう。

フラッシュオフで自然な仕上がりに

とくに室内での撮影時は、フラッシュをオフにして撮影しましょう。フラッシュをオンにして撮影すると、顔だけが明るく写り込んで不自然な仕上がりに。ほかにも、思わぬところが明るくなったり、背景が暗くなりすぎたりするので、コントラストの差が気になる写真になってしまいます。

HDR設定で自然光を活かす

フラッシュを使用して撮影するよりも、自然光を取り入れて撮影するほうが自然な仕上がりになります。また、スマホによっては、HDRという設定があります。これは、ハイダイナミックレンジの略称で、写真を自然な明るさに調整してくれる機能です。
少し細かく説明すると、露出の異なる複数枚の写真を合成して、より肉眼に近い写真に仕上げてくれる機能です。HDRモードで撮影したとき、2枚同じ画像が保存されていますが、合成するために撮られたものです。
室内でなかなか自然光での撮影が難しいという場合は、スマホの設定を確認してHDRをオンにして撮影してみてください。難しい設定をしなくても綺麗な写真が撮れますよ。

撮るときのポイント

スマホでも大丈夫!赤ちゃんの撮り方
設定の次は、赤ちゃんを撮影するときのポイントを紹介します。

窓際で撮影する

基本的に、室内で赤ちゃんを撮影する場合が多いですよね。室内の場合は、できるだけ窓際で撮影するようにして、自然光を取り入れられるようにしましょう。自然光は、肌の質感をより立体的に照らしてくれるので、自然光がまったく入らない状態より、自然な明るさの写真が撮れます。どうしても不自然な明るさになってしまう場合や、窓際での撮影が難しい場合は、前述したHDRモードを使ってみましょう。

画用紙などをレフ板の代わりに

画用紙や、白い布をレフ板代わりに使用して撮影するのもおすすめです。
ある程度の自然光が不十分で、顔が暗くなってしまうときでも、自然な明るさで撮影することができます。外からの光を、赤ちゃんの顔や肌に反射させられるような角度に置けるといいでしょう。最初は、レフ版のあて方だけ練習してみて、角度のコツをつかめるようにしていってください。

連写でいっぱい撮る

赤ちゃんはじっとしていないうえに、どんな動きをするか予測不能。そこが可愛いところですが、可愛い瞬間を逃してしまった時や、ブレた写真ばかりではショックですよね。
そのため、赤ちゃんの可愛い瞬間を逃さないために、シャッタースピードの速い連写がおすすめです。
連写だと撮りたかった表情はもちろん、思わぬ可愛い瞬間が撮れることもありますよ。大量の写真データの中から、いい表情をした瞬間を見つけてくださいね。

おすすめの構図

スマホでも大丈夫!赤ちゃんの撮り方-おすすめの構図

大人と一緒に手足の部分写真

赤ちゃんらしさといえば、やっぱり体の小ささですよね。
赤ちゃんの小ささを強調するためには、大人と一緒に撮るのがおすすめです。
全身を撮るより、手をつないだところをアップにした手だけの写真や、足裏を並べて足だけの写真など、一つの部分を強調すると、雰囲気のある写真が撮れるうえに、成長の記録にもなります。
また、赤ちゃんと同じくらいか、赤ちゃんより大きいサイズのぬいぐるみと一緒に撮るのもおすすめです。

インカメラで赤ちゃん目線・セルフィー

スマホで撮るからこそ活用したいのがインカメラです。二人でセルフィーを撮るときにも便利ですよね。また赤ちゃん目線の低いアングルで撮影すると、スマホの画面に写っている自分に興味津々な赤ちゃんは、いつもと違った表情を見せてくれます。また、思い切って赤ちゃんにシャッターを押させてあげると、偶然の産物に出会えるかもしれません。

おもちゃ越しの赤ちゃん

あえて赤ちゃんからピントを外して。赤ちゃんのお気に入りのおもちゃや、可愛いおもちゃをメインにした写真を撮るのもおすすめです。お洒落で雰囲気ある写真に仕上がります。ピントの外し方は、逆にしてもOK。
遊んだおもちゃも大切な思い出の一つ。写真を見返したときに、撮影時にはまっていた遊びを思い起こすことができて楽しいかも。

小物でイベントや季節感を出す

成長の記録としても、季節感を出すのはおすすめです。
秋にはハロウィンの仮装をしたり、冬にはサンタさんの仮装をしたり、季節ごとの仮装や飾り付けで撮影すると、見返したときにも楽しいですよね。また、寝相アートとして、寝ている間にこっそり準備して撮影するのもアリです。アイデアは、SNS上で色々なママたちが挑戦した寝相アートの写真を参考にしてみてください。

思い出を美しく残そう

一眼レフカメラがなくても、スマホで簡単な設定をすれば素敵な写真を撮ることができます。赤ちゃんの成長は早く、数ヶ月後には顔つきが違ったり、今までしなかった表情を見せたりと、あっという間に成長します。
まずは、赤ちゃんの成長の記録や記念として残すためにもたくさん写真を撮ることが大切です。成長した子どもの写真として、親族に見せられるような素敵な家族写真を撮ってください。